求人情報のことなら専門業者に相談する

働き方

タクシードライバーが共通して行う仕事

まずタクシードライバーというワードを聞けば皆さんは、タクシー会社に所属して車を運転して引きとめたお客様を目的地まで案内するお仕事という印象を持たれると思います。 そしてそれは基本的に間違いではなくタクシードライバーのお仕事の1つでもあります。 ですが、厳密にはタクシードライバーの人のお仕事とは、契約内容次第ではまた違う形となっていきます。 タクシードライバーの雇用契約の在り方は複数あります。 まず出来高制、此方はタクシー運転手の方が売り上げの5割か6割ぐらいを貰う事で固定給与は無く、その代わりタクシー整備や伝票帳簿の整理などが比較的少ない傾向のあるお仕事です。 次に固定給制、此方はタクシー運転手の方が自分の運転案内履歴の事務処理や自身の使用したタクシーの整備などを基本的に行い、タクシーで外で働く外勤と、電話番と事務処理の内勤で担当が日々替わる雇用契約の内容になります。 次が半固定給、半出来高制です。 此方は前述の2つの要素を持ち、企業によりよりけりとなります。 そしてココで言うのは、タクシーの自動車整備と内勤業務の業務量の違いがあるという点に尽きます。 唯一共通するのは運転業務という点になるのです。

固定給制の雇用契約時には資格があると良いです

固定給制などの場合は、タクシードライバーの方はタクシーを自らある程度は点検、整備、修理をしていかなくてはなりません。 ただ、出来高制でも企業によってはコレを必要業務として導入しているというパターンもありますので、必ずしも出来高制の雇用契約の場合はタクシーの点検や整備や修理ができなくてもいいという訳ではないので注意して下さい。 ただ、専門の内勤の修理担当、この場合は事業者代表者などがメカニックとしての技能も持たれている事があるか、修理業者と提携しているなどのケースもあるので要相談が必要です。 そしてタクシーを直す場合には、基本的に危険物取り扱い資格や自動車整備資格、または前職がその様な経験があるなどがあると好ましく、下手に触ってタクシーが熱を持っていて火傷したりパーツに手を挟んで怪我したりとする可能性もあるので注意が必要です。 タクシードライバーと一口に言っても担当するお仕事の内容が大分様変わりする事もありますので、前職次第ではその経験を活かす場にもなりえます。