求人情報のことなら専門業者に相談する

国家資格が必要

サービスを受けてみよう

柔道整復師は国家資格を持った人が行える施術です。 骨折、脱臼、打撲、捻挫の手術をしない治療を行うことができます。 医師と柔道整復師以外の者が柔道整復を行うことはできません。 「ほねつぎ」「接骨師」などで知られています。 各分野で活躍する事ができる柔道整復師は増え続けています。 柔道整復師の仕事は、開業や病院勤務、スポーツトレーナー、介護、福祉部門での機能訓練指導員としての活躍など幅広い分野での活躍ができます。確かな技術と知能を備えたスペシャリストの柔道整復師ですからこれからも需要はあります。 地域のスポーツ大会や介護施設、防災訓練活動などのボランティアにも参加活動されています。柔道を通じて青少年の健全育成にも推進しています。

利用される方々の傾向

柔道整復師を必要とされている方々は、どのような方々でしょう。 スポーツなどで骨折、打撲、脱臼、捻挫などして体を痛めた方々やスポーツ選手や手術ができないお年寄り、介護施設の利用者、柔道してる青少年、色々な訓練活動の現場などの訓練してる方々など多種多様に必要とされている人は沢人います。 近年高齢化社会になるのがわかっています。介護施設などのリハビリなどに必要になってきます。これから柔道整復師は益々需要が増え資格を取る人たちが増えてくるのではないでしょうか。 また、柔道整復師の施術は、保険が使えますので、利用される方々は利用し易いです。 国家資格取得されてますし、知識も豊富で保険も使え安心して利用できます。